血液透析について

かつては尿毒症や腎不全は不治の病とされていましたが、現在では多少の制約はあるものの人工透析や腎移植の技術の進歩によって、罹ったとしても健康な人と殆ど同じ生活を送ることができるようになりました。

 

人工透析は、末期腎不全になってほとんど働かなくなった腎臓に代わって体の血液を浄化する方法で、“血液透析”と“腹膜透析”の2つの方法があります。

 

“血液透析”は、汚れた血液をダイアライザーと呼ばれる人工腎臓の装置に送って老廃物と余分な水分とを除去して、ナトリウム、カリウム、カルシウム、リンの濃度を調節し、きれいな血液にして体に戻す方法で、週3回程度の割合で1回に4~5時間かけて行われます。

 

透析を受ける患者の殆どは尿が出ない状態で、摂取した水分はそのまま体に溜まるためにあらかじめ体にとっての適正な量の水分量を考慮した体重が決められ、その体重を基準に水分が除去されます。

 

一方“腹膜透析”は、自分のお腹の内臓の表面を覆っている腹膜をろ過装置として利用する方法で、お腹の中にカテーテルを通して透析液を入れておき、この液の中にでて老廃物や不要な水分等を体外に排出するというものです。

 

日本では現在約28万人の患者が人工透析を受けていると言われていますが、その殆どが血液透析で、腹膜透析を受けている患者は1万人にも満たないほど少ないようです。

 

またこれらの透析によって腎臓の機能が回復したりするものではなくあくまでも腎臓の代わりに行うだけで腎臓移植でもしない限り一生行わなければなりませんし、年月が経つにつれて合併症も出やすくなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>