血液透析の合併症≪心不全・肺水腫≫

日本の血液透析の技術は優れていて、透析患者の生存率は世界一位だとも言われています。

 

けれども、どのように優れた透析治療でも長期になればなるほどさまざまな合併症が出現しやすくなるために、合併症の予防は大きな課題となっています。

 

合併症には、透析中に急に発症する筋肉痙攣や血圧低下などの“急性合併症”と、腎不全などが原因となって徐々に発症し継続する腎性貧血や免疫不全、動脈硬化などの“慢性合併症”とがあり、中でも心血管障害への対策は最も重要なものとされています。

 

慢性腎不全の患者の死亡原因のトップは、“心不全”だと言われています。

 

腎臓の機能が低下して慢性腎不全の状態になると腎臓で尿を作る機能も弱って尿量が減り、次第に出なくなってしまいます。

 

そのために、血液透析では体に溜まった毒素だけでなく摂取した余分な水分を除去するという作業が行われますが、次の透析まではずっと水分も溜まり続けるために透析と透析との間の体重増加は2kg前後になります。

 

この重さは一升瓶1本にも相当するもので、長い間に心臓の負担はかなり大きなものとなり心臓の全身に血液を送り出すというポンプ機能は徐々に低下し、全身に血液が十分送られなくなります。

 

特に肺の血液循環に与える影響は大きく、肺で血液中の二酸化炭素と呼吸によって取り込んだ酸素とのガス交換が十分に行われなくなると肺の毛細血管圧が上昇して水分が外に押し出され、気管支や肺胞に水分がしみ出て溜まる“肺水腫”を引き起こし、胸の痛みや息苦しさ、浮腫といった症状が出るようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>