血液透析の合併症≪骨の異常≫

腎臓は、ビタミンDを活性化させて骨を強化する役割も担っています

 

食事で摂取されたり、日光を浴びて体内で合成されたりしたビタミンDは一旦肝臓に送られ、さらに腎臓に送られて活性ビタミンDへと変化して健康な骨を維持させるために働いているのです。

 

たとえば活性ビタミンDには、腎臓で尿がつくられる際に尿中のカルシウムの再吸収を促したりすることによって血液中のカルシウムの濃度を調整するはたらきがありますが、腎不全などで腎臓の機能が低下すると“活性ビタミンD”の産生も低下して “低カルシウム血症”を発症し、全身の痙攣やしびれを引き起こすことがあります。

 

また、ビタミンDは副甲状腺ホルモンの分泌を抑制する働きがありますが、腎不全によってビタミンDの産生が低下すると副甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるようになります。

 

その結果“二次性副甲状腺機能亢進症”が起こり、血中のカルシウムを補おうとする作用から骨のカルシウムは壊されてもろくなり“線維性骨炎”という骨の異常を引き起こしやすくなります。

 

予防には食事療法を行ってリンを制限したり、食物中のリンが吸収されないように炭酸カルシウムなどの“リン吸着薬”が使われることもあります。

 

活性型ビタミンD製剤の服用も予防法の1つとされていますが、多すぎると逆にカルシウムの吸収が多くなりすぎて“高カルシウム血症”を起こして腎機能を低下させてしまうことにもつながりますし、炭酸カルシウムと併用すると危険度は高くなるので十分気を付けなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>