血液透析の合併症≪感染症≫

透析患者の死亡原因の第2位は、感染症です。

 

患者の中には20年、30年と長期間にわたって透析を受けている人も多いのですが、食事制限が行われたり透析膜から栄養素が漏れることによって患者の栄養状態が悪くなったり、リンやカルシウム、鉄の代謝異常が起こることで白血球の機能が低下してしまって免疫力が低下するために、さまざまな感染症にかかりやすくなります。

 

たとえば、透析を受けるようになって尿量が減少したり無尿になることによって、腎臓や腎盂、尿管、膀胱、尿道などに大腸菌などの細菌やウイルスが感染して腎盂腎炎や膀胱炎、尿道炎などを起こす“尿路感染症”や、血行障害から起こる“皮膚の感染症”、鼻炎や咽頭炎、気管支炎などの“気道感染症”、腸管感染症や食中毒、腹膜炎、ウイルス性肝炎などの“消化管感染症”、さらに結核の発症率も一般の人に比べるとかなり高くなるために、熱や咳が2週間以上続くようであれば精密検査を受ける必要があります。

 

また長期間にわたって何度も皮膚に注射針を刺すことで、シャントやカテーテルから細菌感染しやすくなり、体全体に細菌が回ってあちこちで炎症を起こす敗血症を発症することもあります。

 

これらの感染症は一旦かかると重症や難治性のものに進行してしまうことが多いので、外出時にマスクをしたり、外出後のうがい手洗いは必ず行って細菌の侵入を食い止めることが大切ですし、最も発症頻度が高いと言われる肺炎などの肺感染症に対しては、肺炎球菌ワクチンの接種も行われているので医師に相談してみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>